軍手屋 働く人の工具専門店

0299-94-8889
0436-63-3303
軍手屋 > 知識集 > DIY用電動工具と、プロ用電動工具、どちらがお勧め?(一般ユーザー向け)

DIY用電動工具と、プロ用電動工具、どちらがお勧め?(一般ユーザー向け)

電動工具は使用頻度でプロ用かDIY用かを決める

電動工具を中古で購入しようと思った時に、プロ用とDIY用がありどちらにしようか迷うものです。
まず基本的にプロの職人の場合、中古でもプロ用の電動工具を買うのが当然です。
一般ユーザーでメインがDIY用の場合、やはり値段の問題が先に来るでしょう。
プロ用の電動工具は過酷な現場で長時間使用する為に、耐久性に優れています。
DIY用よりも雑に扱っても壊れにくく、連続使用にも耐えられます。
DIY用の電動工具は低価格がメリットですので、軽くてシンプルな機能のものが殆どです。
中古で電動工具を購入する際には、どれ位の頻度で使用するかで選び方が変わってきます。
もしも日曜日にちょっとしたDIYを行うのが目的であれば、DIY用の電動工具を買った方が値段が安くなります。
中古でも軽作業であれば長持ちするので問題ありません。
DIYでもほぼ毎日何かしら電動工具を使用したり、連続使用する人は中古でプロ用の商品を購入するのがおすすめです。

 

電動工具は機能面ならばプロ用、創意工夫が得意ならばDIY用がおすすめ

中古の電動工具を選ぶ場合、なるべく性能が高く耐久性のあるものを選びたいと思います。
作業をスムーズにする為にコードレス式の電動工具を選ぶ人もいますが、こちらはプロ用の方がDIYよりも耐久性が高いのでおすすめです。
DIY用の電動工具は中古だとかなり値段が安くなるのですが、プロ用よりも性能が劣ります。
パワーに関しては、最近ではプロ用並みのモデルも販売されていますが、値段なりに機能が限定されていて、使い勝手はイマイチと言う人も多いのです。
バッテリーに関しても、プロ用の電動工具の方が充電回数や容量が高いものが多くなります。
但しDIY用でも日立の様に、プロ用のバッテリーが使えるモデルもあります。
中古で機能を重視するならばプロ用の電動工具、操作に自信があり工夫ができるのならばDIY用の電動工具を購入するのがおすすめです。

 

騒音に関してはプロ用モデルの方が静かでおすすめ

電動工具を使用する際に一番悩むのが騒音問題です。
会社の工場で使用するのならば多少騒音が出ても良いのですが、一般家庭で使用するとなると騒音がない方が無難です。
プロ用の電動工具はハードな現場で使用するのでそれだけ騒音が出るのではと思われがちですが、耐久性を重視している上にモーター面も工夫されていますので、意外とDIY用よりも騒音が低くなります。
最近では近隣への配慮から現場での騒音対策も強化されていて、静音モデルも販売されているのです。
但しプロ用、DIY用どちらでも、切削を目的とする電動工具には騒音はつきものです。
特にDIYモデルは軽量の為に音が高く、動作速度を調整する機能がついていないものがある為に、よりうるさく感じるのです。
中古でなるべく騒音の出ない電動工具を探している人は、プロ用を購入するのがおすすめです。